スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

99年菊花賞馬ナリタトップロード死亡

 99年の菊花賞を制し、種牡馬として社台SS(北海道早来町)にけい養されていたナリタトップロード(牡9)が7日午前1時、心不全のため死んだ。

 同馬は今年1月にぼうこう結石が認められ、内科療法により経過観察を行っていた。10月8日に結石の摘出手術を行い、術後の経過は順調だったが、今月5日に疝痛を発症したため、所用の治療を行っていた。

 現役時代の通算成績は30戦8勝。テイエムオペラオーの好敵手として人気を集めた。皐月賞は3着、ダービーは2着と、春は惜敗が続いたが、菊花賞で4角先頭から押し切り、主戦の渡辺薫彦騎手に悲願のG1初制覇をもたらした。

 渡辺騎手は「この馬は掛け替えのない存在だっただけに、大変ショックを受けています。今後は彼の分も、騎手として頑張っていかねばと思っています」。

スポンサーサイト

NEWS トラックバック:0 コメント:0

<< 第30回 エリザベス女王杯 (GⅠ) | けいばわーくすTOP | 第132回天皇賞 (秋) >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。