スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2005優駿牝馬-オークス(登録馬)

第66回 優駿牝馬(GI)
2005/5/22 3回東京2日
サラ系3歳 2400m 芝・左
牝(指定) オープン 定量

優先出走権
シーザリオ4600桜花賞2着
エアメサイア1350桜花賞4着
ディアデラノビア3400フローラS1着
レースパイロット1850フローラS2着
アスピリンスノー400フローラS3着
ライラプス4100スイートピーS1着
コスモマーベラス800スイートピーS2着
賞金順
ショウナンパントル4050桜花賞13着
エイシンテンダー3350桜花賞6着
ジェダイト1750忘れな草賞1着
エリモファイナル1350桜花賞8着
アドマイヤメガミ1200桜花賞9着
ジョウノビクトリア1200桜花賞7着
ビッグフラワー800矢車賞1着
ブリトン800スイートピーS5着
ランタナ800東京・500万下牝1着
抽選
クイックセイコー400東京・500万下牝2着
クリソプレーズ400新潟・未勝利牝1着
シュウザンアイ400わらび賞2着
トップセラー400スイートピーS3着
パーフェクトマッチ400フローラS5着
ピューマカフェ400スイートピーS13着
メジロトンキニーズ400フローラS6着
ヤマニンアリエル400矢車賞3着


 オークスの始まりは1779年に第12代ダービーが創設したイギリスのオークスを基に、1938年秋に『阪神優駿牝馬』として創設された。ダービー、菊花賞、オークスを制覇し変則三冠馬となったクリフジはこの時代の名馬である。46年、舞台を東京競馬場に移し『優駿牝馬』と改称、53年に主だった外国のオークスの施行時期でもある春に行うよう時期を変更し、現在に至っている。

 3歳牝馬によるクラシックレースは桜花賞とこのオークスのみで、1600mの桜花賞がその名の通り華やかでスピードを競う競走に対し、出走馬の多くが未体験の2400mのオークスはスタミナ勝負の過酷なサバイバルレースともいえる。そのため勝者は世代の牝馬チャンピオンの称号を得るとともに、引退後の繁殖牝馬としての期待が大きい。天皇賞馬となったエアグルーヴ、ダービー馬アドマイヤベガの母ベガ、アグネスフライト・アグネスタキオンの祖母アグネスレディーもこのオークスの栄冠に輝いた名牝である。

 2003年に外国産馬2頭、04年から4頭までが出走可能になった。

スポンサーサイト

2005春競馬 トラックバック:0 コメント:0

<< 2005優駿牝馬-オークス(データ) | けいばわーくすTOP | 京王杯SC(G2) 予想 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。