スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

0129 京都5R

⑪ゲイル(B)

今週は重賞に3頭を送り込み、土日で8頭使いの攻勢をかけている音無厩舎。
そんな中で「重賞を勝つに越したことはないが、落とせない一戦と言えばこの鞍」とテキ。
初の1800M戦で折り合いを欠いた前走は、14番手からではとても差し届かない上がりの競馬。
2戦2連対と適性抜群のマイル戦に戻り、名手を配した今回は末脚が炸裂する。
栗東坂路の最終追い切りでは古馬との併せ馬でクビ差遅れはしたものの、自身の自己ベストは1秒5も更新。
厩舎サイドは「競馬をしていないから前走後も元気一杯。
間違いなく前3走以上」と口を揃えており、今回ばかりは人気でも逆らえないムード。

スポンサーサイト

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

<< 0128 東京9RクロッカスS | けいばわーくすTOP | 0128小倉12R >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。