スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ミラクル繋靭帯炎再発、このまま引退も

G1レース3勝馬ヒシミラクル(牡6、栗東・佐山)が、右前脚繋靭帯炎(けいじんたいえん)を再発していることが3日、明らかになった。1日の天皇賞(春)16着に敗れた直後、角田晃一騎手が「脚が何ともなければいいけれど」とつぶやいた心配が不幸にも現実になった。この日は運動できず、故障個所をバンデージで固めて馬房で静養。2年前の京都大賞典後に痛めた個所と同じで、前回は1年1カ月の長期休養の末に昨秋の天皇賞で復帰したが、今回も長期のリタイアは避けられない。02年菊花賞、03年天皇賞(春)、宝塚記念を制覇した名ステイヤーも現役続行への道のりは険しく、このまま引退の可能性が高くなった。

スポンサーサイト

NEWS トラックバック:0 コメント:1

<< バルク香港CMへ軽快な動き披露 | けいばわーくすTOP | 2005NHKマイルカップ(データ) >>

おはようございます!
コメントありがとうございました。

そうですね、ザッツには子孫に期待したいと思います^^

秋人さんは3つも持っているのですかぁ!
そしたらベテランといったところでしょうか?

しかし、ヒシミラクルまでもが引退ですか・・・。
今回の天皇賞は、脚の負担が大きかったんですね・・・。

辛い話の後ですが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

2005年05月04日 勝之 URL 編集












管理者にだけ公開する

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。