スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【競馬予想】第47回宝塚記念(GI)

2006/6/25 4回京都4日目 発走=15時40分
11R 第47回 宝塚記念(GⅠ)







馬名騎手厩舎
×リンカーン横山典音無
トウカイカムカム池添田所秀
アイポッパー藤田清水出
ダイワメジャー四位上原
ハットトリック岩田角居
[地]コスモバルク五十嵐冬田部
ナリタセンチュリー田島藤沢則
ディープインパクト武豊池江泰郎
カンパニー福永音無
10シルクフェイマス柴田善鮫島
11ファストタテヤマ武幸安田伊
12チャクラ小林徹安達
13バランスオブゲーム田中勝宗像

スポンサーサイト

2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

【登録馬】第47回宝塚記念(GI)

2006/6/25(0625)
4回京都4日 宝塚記念(GI)
サラ系3歳以上 2200m 芝・右 外
(国際)(指定) オープン 定量

馬 名騎手性齢賞金厩舎前 走
アイポッパー藤田牡64170清水出5月28日目黒記念2着
カンパニー福永牡54975音無6月4日安田記念11着
コスモバルク五十冬牡510225田部和5月14日シンガポールAIC1着
シルクフェイマス柴田善牡77675鮫島4月30日天皇賞(春)11着
ダイワメジャー牡57150上原6月4日安田記念4着
チャクラ小林徹牡63800安達5月28日目黒記念14着
ディープインパクト武豊牡419075池江郎4月30日天皇賞(春)1着
トウカイカムカム牡51900田所秀4月30日天皇賞(春)5着
ナリタセンチュリー田島裕牡75375藤沢則4月30日天皇賞(春)12着
ハットトリック岩田牡58235角居6月4日安田記念13着
バランスオブゲーム田中勝牡710450宗像6月4日安田記念17着
ファストタテヤマ武幸牡75525安田伊4月30日天皇賞(春)6着
リンカーン横山典牡610225音無4月30日天皇賞(春)2着

2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

【宝塚記念】ディープ負けられない!勝てば5冠で最速10億円ホースに

サッカーW杯決勝トーナメント進出に望みを託す日本とブラジル戦の3日後。ディープインパクトにとって負けられない宝塚記念が控えている。GI5勝目を狙う一戦は、凱旋門賞への壮行レースでもある。勝てば、史上最速の10億円ホース。菊花賞で無敗3冠を達成し、春の天皇賞では世界レコードを樹立した京都競馬場で、ファンの期待に応える衝撃の走りを再び-。

サッカー日本代表は22日のブラジル戦に負けられないが、ディープインパクトも宝塚記念は落とせない。仏GI凱旋門賞(10月1日、ロンシャン、芝2400メートル)への壮行レースであると同時に史上8頭目の5冠がかかる一戦。サマーGP制覇で史上最速の10億円ホース誕生だ。

ファン投票で76%近い支持を受けて、ダントツ当選での出走となったディープ。これまでの獲得賞金は8億8444万5000円で、宝塚記念の1着賞金1億3200万円+付加賞を加えれば10億円を突破。日本の競馬史上初の10億円ホースで厩舎の先輩メジロマックイーン(今年4月3日に心不全で急死、19歳)よりも、GI7勝馬テイエムオペラオーよりも速い、史上最少キャリア、最速ペースだ。

「いつも皆さんの応援をいただいてありがたいと思います。それに応えられるように頑張らないといけませんね」と、池江郎調教師は改めて気を引き締めるが、その柔和な笑顔からは自信がみなぎっている。

まさかの敗戦を喫した有馬記念(2着)から、陣営は懸命に立て直しを図ってきた。引っ掛かり癖を矯正するために、調教でムキにならないように苦心もしてきた。その成果が今年の2戦、初の58キロと稍重馬場を克服した阪神大賞典、世界レコード(3分13秒4)で楽勝した天皇賞での常識破りのパフォーマンスに結びついた。

調教パートナーの池江調教助手は「これほどの馬なんだから、何もしなくてもいい、そういう完璧な馬になって欲しい。そう思ってやってきた。(1週前追い切りは)理想的な調教ができたし、先々もあるから無事に行ってくれれば。無事でさえあれば、我々も高いモチベーションで(凱旋門賞に)行けるから」と宝塚記念の先を見据えている。武豊騎手も「この馬に乗るときは、いつもプレッシャーを感じます。でもこれほどの馬に乗れることに喜びを感じるし、ワクワクもしますから。凱旋賞を勝つ、それを本気で考えられる馬ですからね」と気分は高揚している。

別表のようにGI5勝以上を挙げているのは歴史的名馬ばかり。ディープもそこに名前を刻み、10億円ホースというステータスを得て、ジャパン代表として堂々と世界デビューを果たす。

(柴田章利)

■10億円ホース
ディープインパクトが勝てば、キャリア、時期ともに最も早く10億円ホースとなる。これまでで最も早く賞金10億円に到達したのはテイエムオペラオーで、4歳秋のジャパンC制覇時だった。オペラオーの場合は、4歳になって天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋に続いてのGI4連勝で達成したもので、宝塚記念V時はまだまだ6億円ホース。ディープがいかに早く10億円に届くかが分かるだろう。海外では、米国の90年代最強馬と言われるシガー(33戦19勝、GI11勝)が、生涯通算の獲得賞金999万9815ドルに到達しており、日本円に換算すると楽に10億円ホースとなる計算だ。


★状態◎諦めない…リンカーン

有馬記念3着、天皇賞・春2着と、ディープインパクトには2戦ともひとつ前を走られているリンカーン。蛭田調教助手は「天皇賞後はさすがに疲れがあったけど、グリーンウッドに2週間ほど放牧に出して今は元気。リラックスしています」とリフレッシュ効果を口にする。2200メートルでは3歳時にすみれS勝ちがあるが、一昨年の宝塚記念3着、昨年が4着と、あとひと押しが足りない印象もある。蛭田助手は「確かにもう1ハロン欲しい気はします。でも最近では折り合いが付くようになっているし、逆に距離が短くなって弾けるんじゃないかとも思うんですよ」と、むしろ期待の口ぶりだ。ディープ絶対ムードだが、「ボクが諦めるわけにはいきません。いい状態で行けそうだし、今は充実しているから」と容易に白旗をあげるつもりはない。


★得意京都で期待…アイポッパー

昨年の天皇賞・春2着、今年も4着と健闘したアイポッパーは、重賞未勝利が嘘のよう。昨秋には豪州に遠征し、GIコーフィルドCで2着と善戦。前走の目黒記念では苦手の道悪、57・5キロのトップハンデを背負い2着になり、充実ぶりを示した。土屋調教助手は「本当に順調だし、高いレベルで(デキは)キープしてます」と強調。京都は【4、2、1、1】と得意のコースで、「今年、京都でやってくれるのはプラス。良馬場なら確実に脚を使ってくれるけど、前走で稍重までは我慢してくれることが分かった。今回はこの馬を一番知っているジョッキー(藤田騎手)だし、積極的な競馬をしてくれるのでは」と好勝負を期待していた。


★距離短縮プラス…トウカイカムカム

重賞初挑戦だった天皇賞・春で5着に好走したトウカイカムカムが再びディープに挑む。天皇賞までに3連勝していたように、伸び盛りの1頭。早川厩務員は「デビューした頃はここまで成長してくれるとは思ってもいなかった。天皇賞はギリギリの馬体(422キロ)だったし、馬体回復の意味もあって、その後はここ一本に絞って調整してきました」と再戦に意欲。京都2200メートルは許波多特別勝ちなど【1、1、0、0】。「元々、2000から2500メートルがいい馬だし、幸騎手も2200メートルの方が乗りやすいと言っていたから」と、距離短縮で天皇賞以上の成績を狙っている。幸騎手の騎乗停止で、池添騎手が初めて手綱を取ることになったが、「(スイープトウショウで)昨年勝っている騎手だからね」と、早川厩務員は乗り替わりも心配していないようだった。

■オッズから
サンケイスポーツがシミュレーションした宝塚記念のオッズは、天皇賞圧巻Vのディープインパクトが単勝1.1倍の圧倒的人気。2番人気は大きく離れてリンカーンの10.3倍。馬複はディープとリンカーンの組み合わせが2.0倍。馬単はディープ→リンカーンで2.3倍となっている。3連単、3連複もすべてディープがらみが人気で、単勝3番人気のコスモバルクを絡めたオッズが人気の中心。まさにディープ一色の宝塚記念だ。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

ドバイ3強が米3歳最強争う/WHR

 10日のG1ベルモントSを最後に米国3冠戦が終了しました。勝ち馬がすべて異なったのは、フサイチペガサスがG1ケンタッキーダービーを制した00年以来のこと。今年は同レースの優勝馬バーバロの悲劇が、3冠を分けたと言っても過言ではないでしょう。

 バーバロがアクシデントに見舞われたG1プリークネスSは、ケンタッキーダービーに出られなかったバーナディーニ(牡3、父エーピーインディ)が後続に5馬身差をつけて完勝。ドバイのモハメド殿下(馬主名義はダーレーステーブル)が、初めて米国のクラシックを制しました。

 バーバロが2冠馬として乗り込んでいれば盛り上がったはずのベルモントSは、先の2冠の勝ち馬が不在という寂しさ。勝ったジャジル(牡3、父シーキングザゴールド)はケンタッキーダービー(4着同着)でバーバロに10馬身近くちぎられており、米国のダートG1競走では唯一となった2400メートル戦への適性がものをいったようです。

 ジャジルは、モハメド殿下の兄のハムダン殿下の持ち馬。兄弟の共有名義である「ゴドルフィン」には、3月のG2UAEダービーでフラムドパシオン(3着)を6馬身引き離したディスクリートキャット(牡3、父フォレストリー)がいて、うわさされたケンタッキーダービー参戦が実現していれば、マクトゥーム一族による3冠独占となったかもしれません。UAEダービーの疲れを抜き、馬体の成長を待つために3冠すべてを自重したディスクリートキャットは、満を持して来月4日のG2ドワイヤーSで米国復帰。バーナディーニ、ジャジルも参戦を予定する8月26日のG1トラヴァーズS(サラトガ競馬場、ダート2000メートル)は、「ドバイ3強」による3歳最強馬決定戦になりそうです。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

宝塚記念、春のグランプリに13頭が登録

 11日、25日に京都競馬場で行われる宝塚記念(GI・2200m)の登録馬が発表され、フルゲート18頭に対し、13頭が登録した。

 今年の天皇賞・春(GI)を制し、10月1日に仏・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(仏G1)への出走を予定しているディープインパクト、前走シンガポール航空国際C(星G1)でG1初勝利を果たしたコスモバルク、13度目の挑戦で悲願のGI制覇を目指すリンカーンなどが登録を行った。登録馬は以下の通り。

( )内は性齢、所属・調教師
アイポッパー(牡6、栗東・清水出美厩舎)
カンパニー(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)
コスモバルク(牡5、北海道・田部和則厩舎)
シルクフェイマス(牡7、栗東・鮫島一歩厩舎)
ダイワメジャー(牡5、美浦・上原博之厩舎)
チャクラ(牡6、栗東・安達昭夫厩舎)
ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎厩舎)
トウカイカムカム(牡5、栗東・田所秀孝厩舎)
ナリタセンチュリー(牡7、栗東・藤沢則雄厩舎)
ハットトリック(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)
バランスオブゲーム(牡7、美浦・宗像義忠厩舎)
ファストタテヤマ(牡7、栗東・安田伊佐夫厩舎)
リンカーン(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)

2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

ハーツクライが英GI登録

 日本中央競馬会(JRA)は12日、英国のアスコット競馬場で7月29日に行われるキングジョージ6世&クイーンエリザベス・ダイヤモンド・ステークス(GI、芝2400メートル)に、昨年の有馬記念優勝のハーツクライが登録したと発表した。
 プリンス・オブ・ウェールズ・ステークス(6月21日、アスコット競馬場)に登録していたディープインパクト、ゴールデン・ジュビリー・ステークス(同24日、同競馬場)とジュライ・カップ(7月14日、英国・ニューマーケット競馬場)に登録していたシンボリグランはともに登録を取り下げた。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

帝王賞、JRAからカネヒキリなどが登録

 28日(水)に大井競馬場で行われる帝王賞(4歳上、交流GI・ダート2000m、1着賞金7000万円)の、JRAからの出走予定馬が発表された。

 ドバイワールドC(5着)以来のレースとなるカネヒキリ、昨年の覇者タイムパラドックス、04年皐月賞馬ダイワメジャーなどが登録を行った。出走予定馬は以下の通り。

( )内は所属、予定騎手(表記がない場合は未定)
【JRA所属馬】
カネヒキリ(栗東、武豊)
タイムパラドックス(栗東)
ダイワメジャー(美浦)
ハードクリスタル(栗東)
マイネルボウノット(美浦、後藤浩輝)

【補欠馬】(補欠順位順)
ストロングブラッド(美浦)
スナークレイアース(栗東)
クーリンガー(栗東、和田竜二)
サイレントディール(栗東)
アルファフォーレス(栗東)

【他地区選定馬】※出走枠は原則3頭
ジンクライシス(北海道、山口竜一)
マイネルサイプレス(兵庫、木村健)
ヤマノブリザード(佐賀、北村欣也)

【他地区補欠馬】
エルマタドール(笠松)
パワーポリティクス(岩手)

【南関東選定馬】※出走枠は原則8頭
アジュディミツオー(船橋)
エイシンチャンプ(大井)
クールアイバー(大井)
ケージーチカラ(大井)
コアレスタイム(船橋)
コアレスハンター(大井)
テンセイフジ(川崎)
ボンネビルレコード(大井)

【南関東地区補欠馬】
チョウサンタイガー(川崎)
ティーケーツヨシ(川崎)
タガノインディー(大井)

※20日までに選定馬が辞退した場合はそれぞれの選定区分ごとに繰り上がり、21日以降に選定馬が辞退した場合は、南関東の補欠馬が繰り上がる。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

18歳ジャラ騎手がV/ベルモントS

 10日(日本時間11日)に米国ベルモントパーク競馬場で行われた、米3冠の最終戦ベルモントS(G1、ダート2400メートル)は、18歳のジャラ騎手が手綱を取ったジャジルが3角まくりから直線で先頭に立つと、そのまま押し切って優勝した。18歳ジョッキーの同競走制覇は、78年の3冠馬アファームドのS・コーセン騎手以来、28年ぶり。日本では7日の東京ダービーで、地方・川崎の町田直希騎手(18)が、12番人気の伏兵ビービートルネードで最年少Vを記録している。なお、ケンタッキーダービー馬バーバロ、プリークネスSの覇者ベルナルディーニは出走していなかった。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

10・7から単複セット応援馬券登場

 単勝・複勝馬券をセットで購入できる「応援馬券」が、10月7日から発売されることとなった。これは1頭の馬の単勝と複勝が1枚の馬券になったもので、「好きな馬を応援する」という意味を込めて、馬券の上部に「がんばれ!」という文字が印字される。通常のマークカード(緑)の式別欄に「単+複」という応援馬券用のマークカード欄が追加され、同一馬番の単勝と複勝が同じ金額で買えるようになる。

 全国発売に先立ち、9月9日から10月1日まで、札幌競馬場、ウインズ札幌、ウインズ米子の3カ所で先行発売が行われる。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

インパクト断然、13頭が登録/宝塚記念

 春のグランプリ・宝塚記念(G1、芝2200メートル、25日=京都)の登録馬が発表された。凱旋門賞への挑戦を前にディープインパクトの勝ちっぷりが注目を集めそうだ。阪神大賞典、天皇賞(春)と圧勝を続けて壮行レースに挑む。1強は揺るがない。天皇賞(春)2着のリンカーン、京都巧者のアイポッパーが上位争いしそうだ。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

シーイズ快勝!夏の主役だ/CBC賞

<CBC賞>◇11日=中京◇G3◇芝1200メートル◇3歳上◇出走17頭

 シーイズ夏の女王に名乗り! 4番人気のシーイズトウショウ(牝6、栗東・鶴留)が好位から抜け出し、4年連続となる重賞4勝目を飾った。CBC賞は3歳時(03年)に続く2勝目。道悪で57キロという厳しい条件だったが、力の違いを見せつけた。次走は3連覇を狙う函館スプリントS(G3、芝1200メートル、7月2日=函館)。今年から創設されたサマースプリントシリーズの大本命として注目を集める。

 得意の中京。絶好の外枠。高松宮記念でG1のタイトルに迫ったシーイズトウショウは、G3では力が違った。おまけにギャラントアロー、テイエムチュラサン、ウインレジェンドの3頭が引っ張る、おあつらえ向きの展開。池添謙一騎手(26)の仕事は、馬場のいいところを選んでGOサインを送るだけだった。「先頭に立ってフワッとしたけど、ステッキを入れるとまた頑張ってくれた。スタートが良かったので、いい位置が取れた」と会心の騎乗を振り返る。

 心配事もあった。「午前中は雨でしたからね。『これ以上は降るな』と思ってましたよ」。祈りは天に通じた。馬場こそやや重だったが、天気は曇り空の下で走ることができた。

 池添は、前日の東京ハイジャンプ(J・G2)でスプリングゲントを5連勝Vに導いた白浜雄造騎手(26)と競馬学校の同期。落馬で顔面骨折した友人は復帰日に、いきなり障害重賞制覇を飾った。「雄造が勝った。おれもやらなきゃ…」。ライバル心が闘志に火をつけた。

 次走は3連覇を狙う函館スプリントSになる。今年から創設されたサマースプリントシリーズの開幕戦。スプリント重賞4勝馬が56キロで出られるというのだから、主役になるのは間違いない。

 「今日でも普通に考えれば厳しい重量。牝馬で57キロで道悪。この勝ちっぷりなら…と思いますよね。もう6歳ですが、ますます良くなっている」。4年連続重賞勝利の愛馬に池添の期待も膨らむ。

 函館以降のローテーションは未定だが、秋の目標は10月1日中山のスプリンターズS(芝1200メートル)。「問題はコース。秋の対策をどうするかですね…」(同騎手)。当日輸送の中京と違って中山は前日輸送。昨年は大幅な馬体減で力を出し切ることができなかった。4カ月後の大目標の前に、まずは初代夏の短距離王を視野に入れる。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

キララ物足りぬ3着/エプソムC

 単勝1・6倍の断然人気に支持されたマチカネキララ(牡4、藤沢和)は道悪に苦しみ3着に敗れた。坂を上がってからトップガンジョーと馬体を併せ、数十メートルのたたき合い。いったんは先頭に立つ勢いを見せたが、追い出すと頭を上げてフットワークがバラバラ。横山典騎手が立て直しながら鼓舞したが伸びない。勝ち馬に競り負けると、ゴール前では追い込んできたグラスボンバーにまでかわされた。横山典騎手は「頑張ってはいるんだけど、馬場がちょっと悪すぎたよ。しょうがない」と、サバサバとした表情で答えた。

 馬体重は10キロ増の506キロ。前走オーストラリアTで14キロ減った分は戻っていただけに、体調面の問題ではない。藤沢和師は「馬場はみんな一緒の条件だからね。並んでからがもう少しだった」。併せ馬の状態から抜け出せなかったあたりに、物足りなさが残った。今秋、G1で活躍するためには、精神的な成長が待たれる。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

ジョー待望の重賞初制覇/エプソムC

<エプソムC>◇11日=東京◇G3◇芝1800メートル◇3歳上◇出走18頭

 雨中の大激戦は、7番人気のトップガンジョー(牡4、和田)が直線のたたき合いを制した。後藤浩輝騎手(32)の気迫あふれる騎乗に導かれ、待望の重賞タイトルをつかみとった。好騎乗で勝利をアシストしたあん上も、遅ればせながら今年の重賞初制覇。人馬ともに夏に弾みをつける勝利となった。

 激しいたたき合いの末、人馬ともに待望のタイトルをつかみ取った。「今年は僕も重賞を勝っていなかったからね」。泥で汚れた顔をぬぐって、ヒーローから白い歯がこぼれた。春の東京を締めくくったのは、これが今年の重賞初勝利となった後藤と7番人気のトップガンジョーだった。

 残り400メートルから、夢中で追い続けた。断然1番人気のマチカネキララと馬体を併せての競り合いは、左ステッキの連打に次ぐ連打。「キララに競り勝ったのには感動した。人間の気迫を感じた」。執念は遠く中京競馬場でモニター観戦した和田正道師(58)にまで届いていた。

 残り50メートルでキララを競り落とすと、外から猛然と追い込んできたグラスボンバーの末脚を封じ込めた。「馬自身のリズムに気を付けて乗った。こちらの思い通りの競馬ができたし、馬もよく我慢してくれた」と後藤。今までにない勝負強さを見せつけた勝利は、伸び盛りの4歳馬らしい成長力を感じさせた。

 去年の秋のことだ。和田師は「(ディープインパクトへの)関東の刺客になる」と自信を持って愛馬をセントライト記念に送り込んだ。ただ、その時点では馬が若かった。菊花賞どころか、折り合い面の不安を露呈して13着惨敗。陣営は悔しい思いをのみ込んだ。

 冬を越し、春を迎え、若さは消えた。「好位で競馬をしてくれ」。陣営から後藤に与えられた指示だ。以前なら折り合いを注意する競馬をしなければならなかったが、大人になった今なら違う。「一瞬、ガツッと行きそうになったが、馬が納得してくれた」。5番手から競馬を進めながらも折り合った内容に、あん上も成長を感じ取った。

 「オーナーと相談してからだが、放牧に出さず重賞に使いたい」と和田師。今年から始まるサマー2000シリーズのチャンピオンを目指すのか、秋へ向けてマイル路線を歩むのか。春を締めくくる勝利は、夏へと夢を膨らます勝利となった。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

アンカツ騎乗停止、宝塚メジャー乗れず

 東京5Rで4位に入線したアレクシオスが直線で外側に斜行し、クーデュパン、ウイニングヒットの進路を妨害したとして12着に降着した。安藤騎手は17日から25日まで(開催4日間)騎乗停止。これにより、宝塚記念でダイワメジャーの手綱を取ることができなくなった。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

【第2回中間発表】 第47回 宝塚記念(GI)

2006年4回京都4日(6月25日)11R
第47回 宝塚記念(GI)
サラ系3歳以上 2200m 芝・右・外
(国際)(指定) オープン 定量

順位馬名投票数
ディープインパクト51,550
リンカーン38,339
ハーツクライ31,134
ダンスインザムード26,034
エアメサイア20,001
ダイワメジャー17,158
デルタブルース16,956
フサイチジャンク15,484
アドマイヤジャパン13,370
10ローゼンクロイツ11,857
11アイポッパー11,552
12ラインクラフト11,484
13オレハマッテルゼ10,659
14メイショウサムソン10,533
15カネヒキリ10,298
16シルクフェイマス9,437
17インティライミ8,697
18アドマイヤムーン8,459
19ハットトリック8,369
20マッキーマックス7,338
21カンパニー6,917
22バランスオブゲーム6,846
23ストラタジェム6,634
24ハイアーゲーム6,244
25ナリタセンチュリー6,203

2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

【競馬予想】第56回 安田記念(GI)

2006年3回東京6日( 6月 4日) 11R
第56回 安田記念(GI)
サラ系3歳以上 1600m 芝・左
(国際)(指定) オープン 定量 発走 15:40







馬名騎手厩舎
ダイワメジャー安藤上原
ダンスインザムード北村宏藤沢和
テレグノシス武豊杉浦
[外]ブリッシュラックプレブル香港
メイショウボーラー福永白井
ハットトリック岩田角居
シンボリグラン柴山畠山吉
フジサイレンス江田照田子
ローエングリン四位伊藤正
10[外]ザデュークダン香港
11カンパニー内田博音無
12バランスオブゲーム田中勝宗像
13エイシンドーバー蛯名湯浅
14×インセンティブガイ横山典角居
15アサクサデンエン藤田河野
16[外]ジョイフルウィナービードマン香港
17オレハマッテルゼ柴田善音無
18グレイトジャーニー佐藤哲池江泰郎


2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

| けいばわーくすTOP |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。