スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【登録馬】第66回桜花賞

2006/4/9 2回阪神6日
桜花賞(GI)
サラ系3歳 1600m 芝・右
牝(指定) オープン 定量

馬 名騎手賞金前 走
アイアムエンジェル柴山19003/11ファルコンS2着
アサヒライジング柴田善25503/11アネモネS1着
アドマイヤキッス武豊24003/4チューリップ賞1着
アルーリングボイスデムーロ44003/12フィリーズレビュー4着
ウインシンシア秋山4003/4チューリップ賞3着
ウエスタンビーナス二本柳10503/11ファルコンS4着
エイシンアモーレ福永12003/12フィリーズレビュー3着
カワカミプリンセス8003/26君子蘭賞1着
キストゥヘヴン安藤24003/18フラワーC1着
グレイスティアラ田中勝31503/11アネモネS2着
コイウタ横山典41502/18クイーンC1着
シェルズレイ岩田16003/4チューリップ賞2着
ダイワパッション長谷川50003/12フィリーズレビュー1着
タッチザピーク柴原13503/4チューリップ賞9着
ツルミトゥインクル8003/12フィリーズレビュー8着
テイエムプリキュア熊沢38003/4チューリップ賞4着
ニシノフジムスメ藤田10503/4チューリップ賞6着
フサイチパンドラ角田16003/18フラワーC2着
ブラックチーター4003/26君子蘭賞5着
プリンセスデザイア4003/4チューリップ賞12着
ミッキーコマンド石橋守12003/12フィリーズレビュー11着
モンヴェール8003/25500万下1着
モンプティクール8003/11アネモネS11着
ヤマトマリオン8003/4チューリップ賞14着
ユメノオーラ渡辺18503/12フィリーズレビュー2着
ラッシュライフ蛯名17003/4チューリップ賞5着


スポンサーサイト

2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

ハーツクライ世界制覇/ドバイ国際競走

<ドバイシーマクラシック>◇25日=ドバイ(UAE)・ナドアルシバ競馬場◇国際G1◇芝2400メートル◇出走14頭

 異国の地でハーツクライ(牡5、栗東・橋口)の豪脚がうなった。ルメール騎手に導かれ、600メートルの長い直線を一気に駆け抜けた。01年に同じ勝負服のステイゴールドが勝ったとき、このレースはまだG2だった。今回は正真正銘のG1制覇。ディープインパクトを破った昨年の有馬記念以上の衝撃で、世界に名を知らしめた。

 ナドアルシバに衝撃が走った。最終コーナーを先頭で回ったハーツクライが、600メートルの長い直線を独走のまま駆け抜けた。1コーナーで先手を奪いペースを握ると、そのまま2400メートルを逃げ切った。2着コリヤーヒルに5馬身近い差をつけての勝利。「逃げて勝ちたいと思っていた。そうなってうれしい」。ルメール騎手は人さし指を何度も何度も突き上げた。世界を驚嘆させた、史上に残る大逃亡劇だった。

 昨年の有馬記念で怪物ディープインパクトに土をつけた先行策を、世界の舞台で再現してみせた。「日本のチャンピオンホースに勝った馬なんだから」。レース後の馬上でのインタビューで、ルメールは堂々と胸を張った。グランプリでの走りが自信を与え、より大胆な作戦を決断させた。

 ゴドルフィンマイルのユートピアに続く勝利を挙げて、3月25日のナドアルシバ競馬場は「橋口デー」となった。一躍、時の人となった橋口弘次郎師(60)は「今が本格化の時。次はキングジョージに行きますよ」と世界へ向けて力強く宣言。7月29日に英国で行われるキングジョージ6世&ダイヤモンドDS(G1、芝2400メートル=アスコット)への参戦を表明した。ヨーロッパで待っているぞ、ディープインパクト。ハーツクライが今、さらなる躍進へ向け歩み出した。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

ユートピア逃げ切り圧勝/ドバイ国際競走

<ゴドルフィンマイル>◇25日(日本時間午後10時40分発走)=ドバイ(UAE)・ナドアルシバ競馬場◇国際G2◇ダート1600メートル◇出走10頭

 砂漠のマイル王決定戦に出走したユートピア(牡6、栗東・橋口)が鮮やかに逃げ切りを決め、01年にドバイシーマCを制したステイゴールド以来となる、日本馬で史上2頭目のドバイ重賞勝ち馬となった。

 チーム日本の快進撃を予感させる快走だった。1枠1番から好スタートを決めたユートピアは、600メートルの長い直線を楽々と逃げ切った。武豊騎手(37)はゴールを待たずに手綱を押さえ、右手でガッツポーズを決めた。「今日はスタートが良かった。あとは彼に任せただけ」。驚くほど余裕の勝利だった。

 史上2頭目の快挙は、ドバイへの情熱が引き寄せた勝利だった。物語の始まりは03年。3歳春でUAEダービー挑戦をぶち上げたユートピアを不運が襲った。イラク情勢が緊迫し、遠征が中止。ワールドC出走をもくろんだ04、05年はフェブラリーSの成績が振るわず挑戦を断念。陣営にとってドバイは、いつしか遠いものとなっていた。

 4年越しの夢が結実した橋口弘次郎師(60)は「日本のトップを切れて良かった。1枠1番枠がいい方に働いてくれたね」と笑った。ドバイへ情熱を注ぐ金子真人オーナー(61)も「日本の外での初めての勝利」と興奮を隠さなかった。ドバイにあこがれ続けたユートピアが、ついに理想郷にたどり着いた。

NEWS トラックバック:0 コメント:0

【競馬予想】第36回 高松宮記念

2006年3月26日 1回中京8日目 発走=15時40分
11R 第36回 高松宮記念 (GⅠ)





馬名騎手厩舎
キーンランドスワン四位
トウショウギア赤木池上
プリサイスマシーン岩田萩原
×マルカキセキ吉田稔瀬戸口
マイネルアルビオン柴山畠山吉
[地]ネイティヴハート内田博坂本(船橋)
リミットレスビッド田中勝加用
ブルーショットガン藤岡武宏
シンボリグランデムーロ畠山吉
10カネツテンビー江田照武藤
11オレハマッテルゼ柴田善音無
12ギャラントアロー崎山
13シーイズトウショウ池添鶴留
14ラインクラフト福永瀬戸口
15ウインクリューガー中舘松元茂
16タマモホットプレイ渡辺南井
17ゴールデンキャスト小牧橋口
18コパノフウジン佐藤哲

2006春競馬 トラックバック:0 コメント:0

【登録馬】第36回高松宮記念

1回中京8日 高松宮記念(GI)
サラ系4歳以上 1200m 芝・左
(国際)(指定) オープン 定量

馬 名斤量騎手性齢賞金前 走
アイルラヴァゲイン57牡421503/4オーシャンS4着
ウインクリューガー57牡674002/26阪急杯7着
オレハマッテルゼ57柴田善牡667002/26阪急杯3着
カネツテンビー55江田照牝748002/5シルクロードS9着
キーンランドスワン57四位牡7107502/5シルクロードS11着
ギャラントアロー57牡6109003/4オーシャンS5着
ゴールデンキャスト57小牧牡675003/4オーシャンS11着
コパノフウジン57佐藤哲牡433003/4オーシャンS2着
シーイズトウショウ55池添牝6123003/4オーシャンS9着
シンボリグラン57デムーロ牡461503/4オーシャンS3着
タマモホットプレイ57渡辺牡578502/26阪急杯9着
トウショウギア57赤木牡657002/19フェブラリーS16着
ナイキアヘッド57牡735003/4オーシャンS8着
ネイティヴハート57内田博牡882603/4オーシャンS1着
プリサイスマシーン57岩田牡71143010/10マイルCS南部杯4着
ブルーショットガン57藤岡牡761502/26阪急杯1着
マイネルアルビオン57柴山牡431103/4オーシャンS6着
マルカキセキ57福永牡556003/4オーシャンS7着
ラインクラフト55福永牝41650012/18阪神牝馬S4着
リミットレスビッド57田中勝牡777002/19フェブラリーS11着
ワンダーシアトル57牡747009/11セントウルS11着


2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

| けいばわーくすTOP |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。