スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

0129 東京7R 

⑧テンガロンハット 田中勝春 河野通文

10ヶ月半ぶりのレースになりますが、勝春がこのテンガロンハットには付きっ切りで調教をつけています。
今週はこの馬に賭けていると話していた程。初戦は太目で、走る気もありませんでしたが、それでも千切ってしまいました。
厩舎に確認したら「今回はその時よりも数段いい。このクラスにいる馬ではないでしょう」と。今回が狙い目です。 

スポンサーサイト

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

京都11R 京都牝馬S

ディアデラノビア
角居 厩舎

7カ月半ぶりで初の古馬相手となった前走の京都金杯は能力と鞍上が買われて2番人気に推されたが伸び切れずに6着。
「スタートも良かったし折り合いもついていました。弾けなかったのは久々の影響でしょう。でもイレ込みもマシになったし大人になっていますね」と、
ユタカも次走に向けての手応えを掴んだとの事。
一度使った効果はテキメンで調教でも「ヤル気十分でした。
牝馬同士のマイル戦と条件が良くなるし今度はイイ結果を出してくれると思います」と陣営。

2006冬競馬 トラックバック:2 コメント:0

0128 東京9RクロッカスS

アドマイヤカリブ
小島太 厩舎

前走は函館2歳S以来の競馬で果敢にハナを切り力でネジ伏せようとしたが、距離・ペースが速かった事・勝ち馬の決め手が勝った事で2着まで。
「厳しい競馬だったので多少疲れがありましたが今は大丈夫です。今度は馬場のイイ東京で決めたいですね」と陣営。
函館2歳S以来のコンビとなるユタカも「一度使って良くなればアッサリまである馬ですよ」とかなり評価している。
ここで勝てば今後の選択肢が広がるので重要な一戦。

2006冬競馬 トラックバック:1 コメント:1

0129 京都5R

⑪ゲイル(B)

今週は重賞に3頭を送り込み、土日で8頭使いの攻勢をかけている音無厩舎。
そんな中で「重賞を勝つに越したことはないが、落とせない一戦と言えばこの鞍」とテキ。
初の1800M戦で折り合いを欠いた前走は、14番手からではとても差し届かない上がりの競馬。
2戦2連対と適性抜群のマイル戦に戻り、名手を配した今回は末脚が炸裂する。
栗東坂路の最終追い切りでは古馬との併せ馬でクビ差遅れはしたものの、自身の自己ベストは1秒5も更新。
厩舎サイドは「競馬をしていないから前走後も元気一杯。
間違いなく前3走以上」と口を揃えており、今回ばかりは人気でも逆らえないムード。

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

0128小倉12R

オデット

「状態は今イチやな。それに外枠じゃないと走らん馬やから。今週使う予定だったオーシャンシチーもパンクするし、エエことないなぁ~」と某関係者は深いため息。

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

0128小倉8R

ドリームパートナー

デビュー前に骨折、気性難から去勢。
いまだ1勝しかしていない理由は色々あるが「ここにきて本当に良くなってきた」と、素質馬の変貌ぶりりに陣営は目を細める。
「ロクなメンバーじゃないし、芝の長丁場なら何とかなる」と。

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

0128東京3R

トーセンオマージュ

前走は調教師の指示通りに強気の競馬をしたが、新馬戦としては厳しい流れを早めに動いたため、直線は伸び切れずに終わった。
決して力負けではなく、むしろ5着に踏ん張った点が評価できる。
兄がダート巧者のトーセンブライトなら、ダート替りはむしろプラスと見ていい。全て予定通りで、月曜の本追い切りもモノ凄く良かった。
柴崎師が「やっとノリちゃんに乗ってもらえる馬が出た」と張り切っていた馬。治療中のノリもかなり期待していた一頭だ。

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

0128東京9RクロッカスS

アドマイヤカリブ

前走は函館2歳S以来の競馬で果敢にハナを切り力でネジ伏せようとしたが、距離・ペースが速かった事・勝ち馬の決め手が勝った事で2着まで。
「厳しい競馬だったので多少疲れがありましたが今は大丈夫です。今度は馬場のイイ東京で決めたいですね」と陣営。函館2歳S以来のコンビとなるユタカも「一度使って良くなればアッサリまである馬ですよ」とかなり評価している。
ここで勝てば今後の選択肢が広がるので重要な一戦。

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

20060122京都3Rビッグポパイ

現在3戦連続2着と詰めの甘い馬ではあるが、今回は一度間隔を開け、ここを目標に立て直してきた。
どうしても勝ちたいという陣営の気持ちが、早目にこの騎手を押さえていたことから十分伝わってくる。
厩舎でも『放っておいてもこれだけは勝つやろ。デキはメチャクチャ良くなってるし、ウチの今週一番は文句なしでコレやな』と陣営かなり強気。

2006冬競馬 トラックバック:0 コメント:0

| けいばわーくすTOP |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。