スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第132回天皇賞 (秋)

2005/10/30 4回 東京 8日目
10R 天皇賞(秋)(G1)
サラ系3歳以上 牡牝○国際○指(定量) 芝2000
本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円








馬 名騎手前 走
ヘヴンリーロマンス松永8/21札幌記念1着
スズカマンボ安藤5/1天皇賞(春)1着
リンカーン武豊10/9京都大賞典1着
ハットトリックペリエ10/9毎日王冠9着
アサクサデンエン蛯名6/5安田記念1着
タップダンスシチー佐藤哲6/26宝塚記念7着
ホオキパウェーブ藤田9/25オールカマー1着
キングストレイル福永9/18セントライト記念1着
メイショウカイドウ10/9毎日王冠14着
10ハーツクライルメール6/26宝塚記念2着
11ストーミーカフェ四位9/25神戸新聞杯8着
12ダンスインザムード北村宏10/16府中牝馬S8着
13ゼンノロブロイ横山典8/16英国G1・

インターナショナルS
2着
14スイープトウショウ池添10/9毎日王冠6着
15テレグノシス勝浦10/9毎日王冠2着
16×サンライズペガサス後藤10/9毎日王冠1着
17アドマイヤグルーヴ上村6/26宝塚記念8着
18バランスオブゲーム田中勝10/9毎日王冠4着
  
 中心はゼンノロブロイで動かない。英国遠征(2着)の疲れで調整が遅れたが、10月になると馬体が絞れて気合も一変した。寒い季節に強く、秋が深まるにつれて好走する馬。あと3戦(天皇賞→ジャパンC→有馬記念)で種牡馬となることが決まり、代打騎乗の横山典騎手も燃えている。枠順も昨年と同じ13番枠からのスタートでもあり「V2」のチャンスだ。
◆人気 
00年まで12年間負け続けた1番人気だがテイエムオペラオーがジンクスを破ってからは3勝2着1回と信頼
2番人気【2215】
3番人気【2017】
4番人気【2315】

◆所属
 関東馬が6勝2着3回3着4回
 関西馬が4勝2着7回3着6回

◆前走 
 3着以内の全30頭中、
 95年の2、3着馬、99年の1、2着馬以外はすべて掲示板を確保

スポンサーサイト

2005秋競馬 トラックバック:46 コメント:0

第53回 府中牝馬ステークス (GⅢ)

2005/10/16 4回 東京 4日目
11R 府中牝馬S(G3)
サラ系3歳以上 牝○国際○指(別定) 芝1800
本賞金:3900、1600、980、590、390万円






馬  名斤量騎手
11オースミコスモ56.0中舘
2オースミハルカ56.0川島
23ミスパスカリ55.0田中勝
4ダンスインザムード56.0北村宏
35スティルインラブ57.0
6×マイティーカラー55.0内田
47フィヨルドクルーズ55.0高橋智
8ホウザングラマー55.0菊沢
59マイネサマンサ55.0内田博
10ヤマニンアラバスタ55.0江田照
611メモリーキアヌ55.0小野
12レンドフェリーチェ55.0柴山
713チアズメッセージ55.0津村
14アズマサンダース55.0藤岡
815レクレドール55.0蛯名
16マイネソーサリス55.0村田
17ブライアンズレター55.0石橋脩
  
 ヤマニンアラバスタが本命馬。夏の新潟で佐渡特別(1000万下)→新潟記念を圧勝したが、ともに牡馬顔負けで4角6、7番手から直線一気の差し切りだった。3歳秋の紫苑S(1着→5着)降着後のスランプ状態がウソのような快走で、4歳で本格化した。長く速い脚を使う特長を江田照騎手がマスターしたのも心強い。オークス3着の底力からも狙って面白い。
 3歳以上牝馬限定の重賞競走の中で最も長い歴史を誇るレース。1953年に「東京牝馬特別」の名前で創設され、その後何度かの改称を経て92年に現在の「府中牝馬S」として施行されるようになった。創設当初は芝2000mのハンデキャップ競走だったが、55年1600mに短縮され、69年には負担重量も別定に変更された。96年には3歳以上牝馬のGI競走として、11月初旬にエリザベス女王杯が移設されたことに伴い、距離も1800mに延長されエリザベス女王杯へのトライアルレースとして位置付けが強まった。

 牝馬限定競走は牝馬がその成績により付加価値をつけ、繁殖に還元することを主な目的として施行され、その意味からもこの競走は将来、母となる優秀な牝馬を選定する上で大きな役割を果たしている。このレースからもダイナアクトレスを生んだモデルスポートや、ダイナフェアリーと言った名牝が誕生した。

 なお、エリザベス女王杯のステップ競走となっており、3頭以内の地方馬が出走可能。2着以内に入った馬にはエリザベス女王杯の出走資格が与えられる。

2005秋競馬 トラックバック:14 コメント:0

第40回 デイリー杯2歳ステークス (GⅡ)

2005/10/15 4回 京都 3日目
11R デイリー杯2歳S(G2)
サラ系2歳 ○混○指(馬齢) 芝1600
本賞金:3800、1500、950、570、380万円






馬  名斤量騎手
11マルカシェンク55.0福永
22ハードバクシンオー55.0川島
33マイネルファーマ55.0池添
44リッカキセキ55.0後藤
55スーパーホーネット55.0四位
66タムロスターディ55.0和田
7エムエスワールド55.0
78ダイアモンドヘッド55.0武豊
9メイホウホップ55.0向山牧
810トーヨースルーオ55.0小牧
11×ゴウゴウキリシマ55.0石橋守
  
 大器マルカシェンクを狙う。新馬戦(阪神=1着)が豪快だ。2馬身出遅れたが8番手から楽々上昇、ゴールでは「馬なり」で2着馬を3馬身もちぎった。父サンデーサイレンス譲りの勝負根性に加え、500キロの好馬体から繰り出す走法が力強い。中間も80秒(6ハロン)を切る快調教を見せ、実戦を使われて変わり身が著しい。  
 札幌2歳Sとともに1966年に創設。創設年は芝1600mの馬齢重量戦だったが、翌67年に距離が1400mに短縮され(74~77年は1200m)、97年より再び1600mに戻った。夏競馬デビュー組、秋デビュー組、そして地方馬。様々な経歴の馬が初めて一堂に会する重賞競走として位置付けられ、朝日杯フューチュリティSや阪神ジュベナイルフィリーズへのステップとして重要な意義をもつ競走となっている。

 なお、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティSのステップ競走として、それぞれ2頭以内(最大4頭)の地方馬が出走でき、2着までの馬には各競走の出走資格が与えられる。

 2歳限定の重賞としての古い歴史が物語るように、過去の優勝馬には第1回のヤマピット(オークス馬)から、タニノムーティエ(皐月賞・ダービー)、キタノカチドキ(皐月賞・菊花賞)、ビワハヤヒデ(菊花賞)とクラシックで活躍した馬やニホンピロウイナー、シーキングザパールといった時代の開拓者が名を連ねる。

2005秋競馬 トラックバック:23 コメント:0

第40回 京都大賞典 (GⅡ)

2005/10/9 4回 京都 2日目
11R 京都大賞典(G2)
サラ系3歳以上 ○国際○指(別定) 芝2400
本賞金:6500、2600、1600、980、650万円






馬  名斤量騎手厩舎
11サクラセンチュリー58.0佐藤哲佐々木晶
22ビッグゴールド57.0和田中尾正
33サザンツイスター57.0小牧新川
44テンジンムサシ57.0吉田豊矢野照
55ファストタテヤマ57.0武幸安田伊
6リンカーン57.0武豊音無
67×ボーンキング57.0秋山松田国
8マーブルチーフ57.0熊沢田所清
79チャクラ57.0赤木安達
10マイソールサウンド58.0本田西浦
811ダディーズドリーム57.0高田松田博
12コイントス57.0藤岡藤沢和

 武豊を迎えたリンカーンを推す。6月の宝塚記念ではスイープトウショウ、ハーツクライ、ゼンノロブロイに次ぐ4着。だが道中6、7番手から4角2番手まで一気に上昇した内容が光った。今回のメンバーは当時よりも弱い。賞金を加算(2着以内)しないとG1戦出走が微妙なだけに、陣営には必勝ムードが漂う。菊花賞、有馬記念で2着した時と同じく武豊騎手に依頼して万全を期した。
14万馬券的中男が毎日王冠馬券ネタを配信

毎日王冠⇒獲ったも同然!!事前情報無料公開

2005秋競馬 トラックバック:23 コメント:0

第56回 毎日王冠 (GⅡ)

2005/10/9 4回 東京 2日目
11R 毎日王冠(G2)
サラ系3歳以上 ○国際○指(別定) 芝1800
本賞金:6500、2600、1600、980、650万円






馬  名斤量騎手厩舎
11エリモハリアー57.0四位田所秀
2ハイアーゲーム57.0柴田善大久保洋
23ダイワメジャー58.0横山典上原
4テレグノシス58.0勝浦杉浦
35スズノマーチ57.0北村宏藤沢和
6×バランスオブゲーム58.0田中勝宗像
47ケイアイガード57.0柴山古川
8メイショウカイドウ57.0坂口正大
59コスモバルク57.0安藤田部
10ハットトリック57.0蛯名角居
611カナハラドラゴン57.0石橋脩山田
12サンライズペガサス58.0後藤石坂
713スイープトウショウ57.0池添鶴留
14サイレントグリーン57.0板垣吉千葉博
815グラスエイコウオー57.0藤田尾形
16カンパニー57.0福永音無
17ロードフラッグ57.0二本柳伊藤正

 得意の距離でカンパニーが面白い。3勝馬だがマイラーズC4着、安田記念5着とG1戦でも通用する底力を持つ。特に1800メートルでは6戦し2勝、2着3回と大崩れがない。アルゼンチン共和国杯馬レニングラードの「弟」。音無師は「兄よりも素質がある。安田記念も外側を選べばもっと上位にきた」という。休み明けでも好走するので絶好の狙いだ。
◆単勝1番人気 
 勝つか惨敗かのパターン。

◆馬齢 
 7歳以上は連対例はない。充実の4歳秋が狙い。

◆逃げ馬
 中山開催だった02年を含め5頭が連対している。

◆ローテーション
 9月に出走した馬で連対したのは2頭しかいない。
14万馬券的中男が毎日王冠馬券ネタを配信

毎日王冠⇒獲ったも同然!!事前情報無料公開


2005秋競馬 トラックバック:29 コメント:0

| けいばわーくすTOP |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。