スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第25回 小倉2歳ステークス (GⅢ)

2005/9/4 3回 小倉 8日目
10R 小倉2歳S(G3)
サラ系2歳 ○混○特指(馬齢) 芝1200

予想馬名斤量騎手
1 1アルーリングボイス牝254武豊
1 2ゴウゴウキリシマ牡254石橋守
2 3エムエスワールド牡254池添謙一
2 4シルクフラッグ牡254上村洋行
3 5カシノハーバー牡254黒岩悠
3 6グランプリシリウス牝254安藤勝己
4 7ツアーデフォース牡254太宰啓介
4 8エイシンアモーレ牝254福永祐一
5 9シアトルバローズ牡254佐藤哲三
5 10エイシンチャーム牝254角田晃一
6 11トーホウアモーレ牝254幸英明
6 12×セントルイスガール牝254小牧太
7 13タムロスターディ牡254熊沢重文
7 14セイウンハンクス牡254芹沢純一
8 15ショウナンサリーレ牝254渡辺薫彦
8 16サンアントニオ牡254赤木高太
8 17スプレッドアゲン牝254小林久晃






 小倉2歳S(G3、芝1200メートル=9月4日)はエイシンアモーレ(牝、栗東・瀬戸口)が中心になる。新馬、フェニックス賞を連勝。父エイシンワシントン譲りの快速を武器に、スピードで押し切ってきた。デビュー戦をレコード勝ちしたトーホウアモーレ(牝、栗東・白井)にもチャンスがある。

 アルーリングボイスを推す。初戦(2着)は出遅れたが、2戦目で1200メートル1分8秒4の好時計で完勝。馬の行く気に任せた、余裕のレースで素質の良さを感じさせた。再び名手・武豊騎手とのコンビだし、状態も1週間前に800メートル=51秒台を出しピークとなった。重賞といっても同じ距離。絶好の1番枠を引き当てたのも有利な材料で、中心馬にふさわしい。



スポンサーサイト

2005夏競馬 トラックバック:4 コメント:0

第25回 新潟2歳ステークス (GⅢ)

2005/9/4 3回 新潟 8日目
11R 新潟2歳S(G3)
サラ系2歳 ○混○特指(馬齢) 芝1600

予想馬名斤量騎手
1 1コスモミール牝254木幡初広
1 2ニシノフジムスメ牝254後藤浩輝
2 3グレイスティアラ牝254伊藤直人
2 4マイネサンサン牝254内田博幸
3 5スターライトルビー牝254石橋脩
3 6ヤマタケゴールデン牡254池田鉄平
4 7ナイスヴァレー牝254和田竜二
4 8アンバージャック牡254小野次郎
5 9ケイアイフォーユー牝254柴田善臣
5 10×エイシンチャンドラ牡254武幸四郎
6 11ニシノウェーブ牡254田辺裕信
6 12マイネルパイレット牡254梶晃啓
7 13ショウナンタキオン牡254田中勝春
7 14メジロモデラート牝254吉田豊
7 15リファインドボディ牡254小林淳一
8 16ケイコアデージョ牝254勝浦正樹
8 17マイネルグリッツァ牡254丹内祐次
8 18タイセイハニー牝254中舘英二




 新潟開催を締めくくる新潟2歳S(G3、芝1600メートル=9月4日)は昨年、出走馬からG1馬が2頭誕生した。今年の注目は3戦3勝のコスモミール。引き離して勝つ派手さはないが、センスのいいレースぶりで白星を積み重ねた。折り合いに不安はなく、1ハロン延長にも対応できる。ブレーク中のアグネスタキオンを父に持つショウナンタキオンも、豪快な差し切りを決めた新馬戦の内容から首位争いは確実。初戦1位入線も6着降着から2戦目で勝ち上がった関西馬ニシノフジムスメも奥がある。
 
 2歳王者はコスモミールとみた。若馬はとかくスピード任せで突っ走るが、この馬は全く違うタイプ。3戦(3勝)ともに鋭い追い込み、先行抜け出しと、完成された古馬のような戦法だ。仕上がりの早さに加え、馬込みを全く苦にしない勝負根性が光る。根本師にとっては開業8年目にして重賞初制覇のチャンス。それだけに万全の仕上げで必勝を期している。




◆人気 
 1番人気【4321】
 2番人気【1315】
 3番人気【1315】

◆前走 
 ダリア賞1着馬が2勝2着3回、3着2回
 未勝利を勝ち上がったばかりの馬の勝利はない。

◆外国産馬
 11頭しか出走していない外国産馬の成績は【2216】。
 複勝率45%と高い数字を誇る。

2005夏競馬 トラックバック:15 コメント:0

第10回 エルムステークス (GⅢ)

2005/9/3 1回 札幌 7日目
9R エルムS(G3)
サラ系3歳以上 ○混○指(別定) ダ1700

予想馬名斤量
1 1×サイレントディール牡557
2 2ハードクリスタル牡556
3 3カイトヒルウインド牡656
4 4シルバーサーベル牡956
4 5マルブツトップ牡557
5 6ワンダーハヤブサ牡456
5 7パーソナルラッシュ牡459
6 8エドモンダンテス牡556
6 9モエレアドミラル牡353
7 10ジンクライシス牡456
7 11ドンクール牡355
8 12マチカネメニモミヨ牡656
8 13アッパレアッパレ牡658




 昨年の覇者パーソナルラッシュ(牡4、栗東・山内)が連覇を目指し出走する。3月16日の交流重賞ダイオライト記念(船橋=1着)以来だが、早めに函館に入厩して乗り込まれており、4つ目の重賞勝ちへ態勢は整っている。また、欧州帰りの武豊騎手がサイレントディール(牡5、栗東・池江泰郎)とのコンビで参戦する。

  関西馬ハードクリスタルを狙う。3月の根岸Sでメイショウボーラーの2着と健闘し、重賞戦でも好勝負できる存在に成長した。前走マリーンS(ダ1700メートル=1着)の1分43秒8は、函館開催の一番時計。5歳夏での素晴らしい躍進、その勢いで混戦を断っても不思議ではない。札幌ダートにも良績があるし、再度56キロ、追わせて達者な横山典騎手も魅力だ。


2005夏競馬 トラックバック:5 コメント:0

| けいばわーくすTOP |

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。